(J.LINDBERG)J.リンドバーグ / キャディバッグフードカバーのファスナーエンドほつれを再縫製して修理

こんにちは。大阪でゴルフのキャディバッグやスーツケースなどのバッグ全般と家具やその他様々なモノの修理を承っておりますBOND repair / ボンドリペアと申します。

今回のご依頼は、(J.LINDBERG)J.リンドバーグのキャディバッグでフードのファスナー端を縫い込んでいるところが解れてスライダーが抜けてしまったという内容です。

1,キャディバッグフードカバーのファスナー破損状況と構造の確認

今回お預かりしたフードカバーはファスナー上部の端、背面とマチ生地とファスナーが合わさって縫い込まれている部分の縫製が解れてスライダーが外れてしまっていました。
一緒に縫い込まれているタブも縫製が解れているとことがありました。

(J.LINDBERG)Jリンドバーグ / キャディバッグフードカバーのファスナーエンド縫製のほつれ

このような症状になるのは、元々の縫い込みが浅く縫製の糸がほんの少ししか掛かっていない場合やタブの部分を持つか何かに引っ掛かってしまって引きちぎれてしまうなどの原因が考えられます。

こちらのフードは解れ付近の状態を確認したところ生地の破れやファスナーコイルの致命的な損傷は見られませんでしたので解れ修理が可能と判断しお見積もりをさせて頂きました。

フードカバーのファスナー破損の種類や修理方法は、
キャディバッグ破損で断トツNo,1。フードのファスナー破損

2,今回の修理方法

今回のフードカバーのお修理方法は、欠損しているスライダーを代替えパーツで取り付けして、解れている箇所を再縫製していきます。

(J.LINDBERG)Jリンドバーグ / キャディバッグフードカバー裏側のファスナーエンド縫製部

まずは解れている付近をさらに糸を抜いて一度綺麗に開いていきます。
カバン全般ですが裏返して表裏生地をまとめて縫っているものが多く、こちらのフードカバーもそのような構造ですのでフードカバー全体を裏返します。

(J.LINDBERG)Jリンドバーグ / キャディバッグフードカバーのファスナーエンド縫製を解いた状態

縫製を解くとタブが取れるので事前についていた箇所はマークしておきます。
使い込まれたバッグなどはパーツがついていた箇所に型がついていたり、色が変わっているので元の位置が分かりますが新しいバッグは元の位置が分からなくなってしまいますので、写真を撮っておくか今回のようにマークを残しておきます。

(J.LINDBERG)Jリンドバーグ / キャディバッグフードカバーのファスナーエンドほつれを再縫製修理

あとはスライダーを入れて元通りに縫製をし直して完成です。

スライダー取替の修理事例は、
(キャディバッグ)フードカバー / ファスナーから脱線したスライダーの開きを調整して修理

3,フードカバーファスナーの概算修理代金

構造やファスナーの種類にもよりますがおおよそ下記のお修理代金になります。

・ファスナーコイルほつれ修正→約1,500~3,000円程度
・ファスナー取替→約7,000~10,000円程度
・スライダー取替(1個)→約2,500~3,500円程度
・ファスナー端のほつれ修正→約3,000~5,000円程度

画像をお送り頂けましたらもう少し詳細な価格をお答えできますのでメールもしくはライン@からお気軽にお問合わせください。

ボンドリペアではキャディバッグを始めスーツケースやハンドバッグ、家具の修理。椅子の生地張替え。その他の傷や汚れクリーニングなども承っております。

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。