(MARK&LONA)マークアンドロナ/キャディバッグのフードファスナー破損を修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は、(MARK&LONA)マークアンドロナのキャディバッグ修理をご紹介します。
破損状態は、本体の上に被せるフードカバーのファスナーが途中で切れてしまい開閉が出来なくなっています。

(MARK&LONA)マークアンドロナ/キャディバッグの修理

マークアンドロナのロゴにも使用されているドクロと迷彩の組み合わせ、全体のゴールドが特徴的な『Prism Camo(GOLD)』のフードカバーです。

1,ファスナーの状態確認

(MARK&LONA)マークアンドロナ/prism camo goldプリズムカモフラージュ柄キャディバッグの修理

まずはファスナーの状態を確認します。
破損時の状況をお伺いしたところ、バッグを輸送している間に破損していたようで使用しようとしたところファスナーの異常にお気づきになったとのこと。

(MARK&LONA)マークアンドロナ/キャディバッグのフードファスナー切れを交換修理

下から約15cmほど上がったところのファスナーエレメント(レール部分)が切れて解れてしまっています。
一般的なフードカバーのファスナーはナイロンファスナーといって、レール部分が樹脂のコイル状になったものが使用されています。

今回はそのエレメントが完全に切れてしまっています。
このエレメントの破損状態によっては部分的に解れを修正することも可能です。
(キャディバッグ)フードカバーのファスナーコイル解れを手縫いで補修

(MARK&LONA)マークアンドロナ/キャディバッグのフードカバーファスナーエレメントの解れ修理

このようにファスナーが切れてしまったり、生地にカッターで切ったような穴が開いてしまう原因はアイアンやクラブと外側との何らかの圧迫によって切れてしまうことがあるようです。
車への積み下ろしや輸送時に起こりやすい症状です。
キャディバッグ破損で断トツNo,1。フードのファスナー破損

2,今回のお修理方法

(MARK&LONA)マークアンドロナ/キャディバッグの破損したフードカバーのファスナーを交換

今回はファスナーエレメントが完全に切れてしまっていたので部分補修は困難ですのでファスナー全交換をいたしました。

また使用されているファスナーは黒色の布テープに金色のエレメントが使用されており一般的な単色のファスナーと異なり、材料屋さんでも取り扱っているところは少なくタイミングによってはなかなか入荷してきません。
今回はちょうど在庫がございましたので通常の納期でお修理が可能でした。

(MARK&LONA)マークアンドロナ/キャディバッグのフードファスナー破損を修理

キャディバッグはほとんどが海外で製造されており、材料の仕入れ先が異なります。
また特殊なバッグほど材料もモデル毎に別注で作ることもある為、似たような材料がご用意できない場合もございます。
その場合は近い風合いのものを代替えパーツとしてご提案させて頂きます。
お客様の好みで全く違う色味に変えてカスタムすることも可能ですのでお気軽にご相談ください。

3,今回のお修理費用と納期

今回の(MARK&LONA)マークアンドロナ/フードファスナー交換で、費用が9.500円(税抜)、納期が約2週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。