(MARK&LONA)マーク&ロナ/キャディバッグのショルダーベルトを掛けるDリングのベルト切れを修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は(MARK&LONA)マーク&ロナのキャディバッグ修理をご紹介します。
破損状況は、ショルダーベルトを本体に掛けるD型のリング根元のベルトが切れて金具が外れてしまっています。

(MARK&LONA)マーク&ロナ/キャディバッグの修理

1,ベルトの状態を確認

(MARK&LONA)マーク&ロナ/キャディバッグのショルダーベルトを掛けるDリングのベルト切れ

まずはベルトの状態を確認しておきます。
ショルダーベルトなどに使用されているテープは経年変化で硬化して繊維が割れるようにして切れてしまうことがあります。
今回も断面を見てみると繊維が粉状になっていましたので素材が劣化して重みに耐えきれず切れてしまったようです。

この部分は特に荷重が掛かりやすい部分で破損しやすい部分にはなります。
カート型のバッグでこのDカンに被せが付いているタイプがありますが、このタイプは中に薄い鉄板が芯材として使用されていることが多いのですが、この鉄板もずっと使用しているうちに力が集中する折り目のところで割れてしまい表のレザーだけでは重さに耐えきれないのでレザーが破れてくるといった症状もよく見られます。
(MIURA)三浦技研/キャディバッグのショルダーベルトを掛けるDカン根革破れを修理

2,今回のお修理方法

(MARK&LONA)マーク&ロナ/キャディバッグの口枠を解体

今回は切れたベルトを新しいものに交換をしてお修理をさせて頂きます。

まずはベルトの脱着が出来るように口枠と仕切りのセットを解体していきます。
口枠の外周についているカシメ(直径1cm程度の丸い金具)で固定されていますのでこれらをすべて抜いていきます。

(MARK&LONA)マーク&ロナ/キャディバッグの口枠外周のカシメを抜く

固定されているカシメをすべて抜くとキャディバッグ本体から口枠を取り外すことが出来ます。ただ、中の仕切りが底に固定されているので上から引き抜くには底を固定しているカシメも抜く必要があります。
今回はDカンのベルト部分の作業が出来ればよいので口枠は上部に引き抜かず底に落としておきます。

(MARK&LONA)マーク&ロナ/キャディバッグのDリングベルトを交換

今回、テープ幅の同じグレーのPPテープをご用意しました。Dカンは破損していないので既存のものを再利用させて頂きます。

(MARK&LONA)マーク&ロナ/キャディバッグのショルダーベルトを掛けるリングのベルトを交換修理

ベルトを本体にカシメ留めして、口枠を組み立てて完成です。

3,今回のお修理費用と納期

(MARK&LONA)マーク&ロナ/キャディバッグのDカンベルトの切れを修理

今回の(MARK&LONA)マーク&ロナ/キャディバッグのDカン根元ベルト交換修理で、費用が8.000円(税抜)、納期が約2週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。