(TUMI)トゥミ/ビジネストローリーの引き出せなくなったキャリーハンドルを修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は(TUMI)トゥミのビジネストローリーバッグ修理をご紹介します。
破損状況は、伸縮ハンドルのボタンを押してもバーが伸びてきません。

(TUMI)トゥミ/ビジネストローリーの修理

1,伸縮できない原因を探る

(TUMI)トゥミ/ビジネストローリーの伸縮ハンドルが出てこない

まずはキャリーハンドルが出てこない原因を探ってみます。
通常はこのプッシュボタンを押すと内部のロックが解除されてバーを引き延ばすことができます。

(TUMI)トゥミ/ビジネストローリーのキャリーハンドル破損修理

プッシュボタンは押せるもののロックが解除されていないのかハンドルが出てくる気配はありません。
過去に同じような症状のTUMIのキャリーバッグを何度かお修理させて頂いたことがあるのですが、それらのバッグの破損箇所はハンドルの内部パーツが破損してボタンの動きが下のロックを解除する部分まで届かなくなっていたのが原因でした。
(TUMI)トゥミ / キャリーバッグの引き出せなくなったスライドハンドル内部を加工して修理

(TUMI)トゥミ/ビジネストローリーの内装解体

恐らく今回も同じ症状かなと思ったのですが、念のため原因を確実に特定しておくため他の構造部に異常がないか確認します。
いったんキャリーハンドルの持ち手部分を外します。すると内部に針金のようなものがありますが、これがプッシュボタンの動きをバーの内部パーツに連動させる役割を担っています。

この針金を指で押し込んでバーが出てこればバーの内部パーツに破損はないのでグリップ部分の内部に破損があることが特定できます。
グリップ部分の内部に破損原因がある場合は先ほどご紹介した過去のお修理方法と同じ方法でお修理が出来ます。

ただ、今回はこの針金を押し込んでもバーが伸びてきませんでした。ということはバーの内部に破損の原因がありますのでさらにバーの内部を解体して各パーツを確認してみたのですが、ロックを解除するための樹脂パーツが一部割れていました。ロックを開放する方法を検討しましたがどうしても適当な方法が見つからず部分的なお修理は困難と判断いたしました。

2,今回のお修理方法

(TUMI)トゥミ/ビジネストローリーのキャスターを取り外す

今回は既存の伸縮ハンドルを部分的に補修することは困難でしたので伸縮ハンドルごと社外品の代替えハンドルに交換させて頂くことになりました。

こちらのバッグは伸縮ハンドルが中枠に固定されており一度中枠をバッグから取り出す必要がありますので順番に解体をしていきます。
まずはバッグの外側から中枠に貫通して固定されているキャスターを左右とも取り外します。底脚は中枠には掛かっていなかったのでこちらは取り外す必要がございません。

(TUMI)トゥミ/ビジネストローリーの伸縮ハンドルを取り外す

中枠を取り出した後に伸縮ハンドルのみ中枠から外します。
写真は内部の状態を確認する前のもので内部の破損がないか確認する際はすべてのバーを分解して内部の確認をいたします。

(TUMI)トゥミ/ビジネストローリーのキャリーハンドル修理に使用する代替えパーツ

右が今回ご用意した代替えのキャリーハンドル。ビジネストローリーはバッグの高さが低いので取り付けできるキャリーハンドルの種類が少なく、伸縮長も必要なので4段式のハンドルです。

(TUMI)トゥミ/ビジネストローリーに新しく社外パーツを取り付け

このハンドルを中枠に取り付けていきます。
ハンドルの穴位置が変わりますので新しく穴を開けてカシメ留めとします。

(TUMI)トゥミ/ビジネストローリーに代替えのハンドルを取り付け

下はスペースが狭くカバーが入らないためバーを直接中枠に固定しました。内装生地を保護するためビス頭にはテープを貼っています。

(TUMI)トゥミ/ビジネストローリーの内装組立

ハンドルの取り付けが出来ましたら中枠を組み付けて内装生地を閉じます。
念のため事前にハンドルの伸縮動作は確認しておきます。

(TUMI)トゥミ/ビジネストローリーのキャリーハンドルを社外パーツに交換修理

ハンドルの納まりもぴったりです。

(TUMI)トゥミ/ビジネストローリーの引き出せなくなった引っ張りハンドルを交換修理

最後に伸縮を確認して問題なければ完成です。

3,今回のお修理費用と納期

(TUMI)トゥミ/ビジネストローリーの引き出せなくなったキャリーハンドルを修理

(写真の枠の問題で3段までしか引き出しておりません。)

今回の(TUMI)トゥミ/キャリーハンドルの交換で、費用が11.000円(税込)、納期が約2週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。