(TITLIST)タイトリスト / キャディバッグのハンドルベルトを補強して再取付

こんにちは。大阪府池田市でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般、家具やその他の修理をしております、BOND repair / ボンドリペアと申します。

今回はタイトリストのキャディバッグ、ハンドル修理をご紹介いたします。

1, ハンドルベルトが外れた状況

お預かりした時の状況はハンドルの上部ベルトを縫製しているゴムの口部分が解れてハンドルベルトが抜けてしまっている状態でした。

(タイトリスト)キャディバッグ / ハンドルの縫製ほつれを補強修理

構造を見てみるとゴムの口と口枠の縫製でハンドルのベルトを縫い付けており、過重に耐え切れず縫製の糸が切れて外れてしまったようです。

元の構造でお修理することも可能でしたが、せっかくなので再発を軽減できそうな方法を考えてみます。

似たような事例でハンドルベルト自体が切れてしまった修理は、
(J.LINDEBERG)キャディバッグのハンドルベルトを交換しました

グリップ部分のみの取替修理は、
(SRIXON)スリクソン/キャディバッグのハンドルグリップを取替修理

ハンドル根革の修理事例は、
(ラコステ)キャディバッグのハンドル根革を修理しました
をご覧ください。

2,解れたベルトを補強して再縫製する方法

補強する方法を考えてみたところ、縫製だけでは限界があると判断しどこかにカシメで固定をすることにしました。
外観は出来る限り変えたくないのでハンドル上部にある『タイトリスト』のゴム製のロゴプレートに目を付けました。
ここの内側にカシメを隠してしまえば見栄えも変わりません。

(タイトリスト)キャディバッグ / ハンドルの縫製ほつれ

というわけでハンドル上部を加工する為、いつも通り口枠から解体していきます。
その後ロゴプレートの縫製を下三分の二程解きます。
カシメで止める部分はベルトも補強をしておき、本体側も補強の板を入れます。
点で支えるよりも面で支えた方が分散され、補強板も貫通して縫製することで安心感が増します。

(タイトリスト)キャディバッグ / ハンドルの取り付け箇所を補強

ロゴプレートの中央あたりでベルトをカシメ留めします。

(タイトリスト)キャディバッグ / ハンドルをカシメで補強

ゴムの口部分の負担も軽減するため補強板は大きめに入れています。

(タイトリスト)キャディバッグ / ハンドルを補強

ロゴプレートとゴムの口、口枠を再縫製し組み立てて完成です。

(タイトリスト)キャディバッグ / ハンドルを違和感のないように補強修理

3,修理代金

今回のお修理内容で、24,000円(税抜き)でした。
同じお鞄でも破損の状況や使用する材料により前後いたします。

通常、ハンドルの修理の概算修理代金は下記の通りです。
●ハンドルベルト作製取替→約12,000~26,000円程度
●ハンドルグリップ作製取替→約8,000~18,000円程度
●ハンドル再取付→約4,000~14,000円程度

画像をお送り頂けましたらもう少し詳細な価格をお答えできますのでメールもしくはライン@からお気軽にお問合わせください。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。