(ディズニーミッキー柄)キャリーバッグ / 枠板の異臭と割れを取替修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグ、家具などの修理店をしておりますボンドリペアと申します。

今回はディズニーのミッキーマウスのイラストがプリントされたキャリーバッグ修理のご依頼です。

1, 内装の異臭と枠板割れの原因

布製のソフトキャリーバッグによく使用されている枠の樹脂板は経年劣化や加水分解によって硬化し少しの衝撃で粉々に割れてしまったりします。
この症状のお鞄はどれも同じ匂いがします。
恐らく素材が化学反応を起こして劣化した時の匂いなんだと思いますがはっきりとした原因はわかりません。

(ディズニーキャリーバッグ)枠板割れ

2,枠板を取替え修理する方法

今回の修理をダイジェストで動画にしておりますのでよろしければご覧ください。

まずは枠板を固定しているカシメ類をすべて取り除いていきます。
このカシメは鉄、アルミ、ステンレスなど様々な素材が使用されています。
素材によって硬さも異なりますのでくい切り、ニッパー、ドリルなどの工具を使用して取り外していきます。

(ディズニーキャリーバッグ)フレーム解体

すべてのパーツ類を取り外し、鞄の外装・フレーム・パーツに解体します。
既存の枠板の幅を元に新しい樹脂板を切り取っていきます。

(ディズニーキャリーバッグ)枠板用樹脂板

枠板の内周に合わせて余分な長さをカットしながら微調整を行います。
枠板を一周入れてみてファスナーの締まり具合などを確認します。

(ディズニーキャリーバッグ)枠板の取替

枠と外装のずれがないか確認して新しい樹脂板にパーツやフレームを固定するカシメの穴を開けていきます。
樹脂板の穴開けは通常半田ごてを使用しております。

(ディズニーキャリーバッグ)新しい枠板の穴開け

フレームやパーツ類を固定しているカシメをすべて新しく打ち直していきます。

(ディズニーキャリーバッグ)カシメ留め

すべてのカシメを打った後、ファスナーのずれやがたつきがないかを確認して完成です。

(ディズニーキャリーバッグ)枠板割れ修理

3,修理代金と再発を軽減する方法

今回の修理内容で、7,500円(税抜き)でした。
同じお鞄でも細部の構造や使用する材料により前後いたします。

 

←加水分解の原因は空気中の水分と素材が化学反応を起こして発生します。
キャリーバッグも長期保管の際は事前によく中を乾燥させ、シリカゲルなどを入れて保管することで加水分解の発生を軽減することができます。

 

画像をお送り頂けましたらもう少し詳細な価格をお答えできますのでメールもしくはライン@からお気軽にお問合わせください。

ボンドリペアではスーツケースをはじめ、ゴルフのキャディバッグやカバン全般、家具やその他の修理、椅子の生地張替えなども承っております。
ギターケースやカメラバッグなどの特殊なものもお修理を承っておりますのでお気軽にご相談ください。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。