(XXIO)ゼクシオ / キャディバッグ本体とフードを繋ぐホックの本体側が外れていたので取替修理

こんにちは。大阪でゴルフのキャディバッグやスーツケースなどのバッグ全般と家具やその他様々なモノの修理を承っておりますBOND repair / ボンドリペアと申します。

今回のご依頼は、(XXIO)ゼクシオのキャディバッグで本体とフードカバーを繋ぐホックが破損しているということでお預かりしました。

1,ホックの破損状況と構造の確認

キャディバッグの本体とフードを繋ぐホックは使用頻度の多いパーツであることから破損の確率が高い部分になります。
ホックは凹凸セットになっており、本体側が凸、フード側が凹というのが一般的です。
取付部分の生地厚の差によるものかフード側が外れることが多いように思います。ホックは規格のサイズがあるので基本的には破損している側のみの取替えで修理が可能です。

(XXIO)ゼクシオ / キャディバッグとフードカバーを繋ぐホックの本体側外れ

今回お預かりしたキャディバッグは本体側のホックが外れていました。
構造を見て頂いてもわかるようにフードのホックは容易に取替えが可能で市販されているキットでご自身でのお修理も可能です。
本体側は口枠の裏側にホックの土台が隠れているので口枠付近を一度解体する必要があるためご自身でお修理するハードルが上がります。

上記の理由から口枠の解体組立が出来ないことの多い10分割以上の仕切りがあるキャディバッグに関しては本体のホック取替えが出来ない可能性もございます。
今回のキャディバッグは口枠と仕切りの解体組立は問題なさそうでしたのでお見積もりをさせて頂きました。

キャディバッグフードカバーのホックを修理する方法

2,今回の修理方法

(XXIO)ゼクシオ / キャディバッグ口枠のカシメ

まずは口枠を固定しているカシメをすべて取り除いていきます。
カシメは裏にキャップがあって挟み込んでいますので裏面のキャップをニッパーなどの工具を駆使して外します。
その後、キャップに隠れていたカシメの芯の開いている部分をニッパーなどで取り除き抜きやすくします。

(XXIO)ゼクシオ / キャディバッグ口枠のカシメの外し方

ここで使用しているのは自動車用の工具で『クリップ外し』というものでてこの原理で力を加えやすい作りになっています。
マイナスドライバーなども併用します。

 
 

 

(XXIO)ゼクシオ / キャディバッグ口枠のカシメをクリップ外しで抜く

すぐに抜けない場合や生地側にあまりに負担がかかりそうな場合は薄い板を挟み込んで作業を行います。

(XXIO)ゼクシオ / キャディバッグ口枠のカシメをくい切りで外す

これは『くい切り』という工具で針金やワイヤーなどを切ることもできます
すべてのカシメを抜くと口枠を筒の中に落とし込めるのでその状態でホックの取替えを行います。
構造によっては中の仕切りも外して口枠と仕切りを取り外す必要があるものもあります。
中の仕切りを外すと再度固定するのが結構手間がかかるため出来る限り中の仕切りは外しません。

 
 

 

(XXIO)ゼクシオ / キャディバッグとフードを繋ぐホックの本体側を取替修理

元のように組み立てて完成です。

3,ホックの概算修理代金

●フード側ホック取替(1個)→約1,500~2,000円程度
●本体側ホック取替(1個)→約5,000~7,000円程度
●フード生地補強(ホック1個取替含む)→約5,000~8,000円程度

画像をお送り頂けましたらもう少し詳細な価格をお答えできますのでメールもしくはライン@からお気軽にお問合わせください。

ホックの取付
 
 

←ホックと専用工具がセットになったものです。
 あとはハンマーがあれば取替えができます。

 

キットを買ってみたけどうまくいかないなどなにかお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではキャディバッグを始めスーツケースやハンドバッグ、家具の修理。椅子の生地張替え。その他の傷や汚れクリーニングなども承っております。

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。