ファスナータイプのスーツケース/内装クロスベルトのほつれ修理(再縫製)

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグ、家具などの修理店をしておりますボンドリペアと申します。

今回は、スーツケースの内装についているベルトの修理をご紹介いたします。

修理内容はベルトを本体に縫い付けている箇所がほつれてはずれかかっているというご相談です。

1, 破損の状況

スーツケースを開けた時に荷物が散乱するのをおさえる役割があるクロスベルトですが、パンパンに荷物を入れて締めると付け根に結構な力がかかります。
ベルトの付け根が解れる原因は、ベルト自体が縫い込み部分からほつれてくる場合や元の縫い込みが浅く外れてしまったり、本体に縫製している糸がほつれて外れてしまうなどが考えられます。
今回はベルト自体がほつれてきていましたのでベルト全取替えではなくほつれ部分のみの補修を行います。

スーツケースの内装張替えなども可能です。
(Samsonite)サムソナイト/スーツケースの内装汚れ、クリーニングで落とせない時の修理方法

スーツケース内装ベルトのほつれ

2,今回の修理方法

ほつれの状態を確認したところ約5mm程度のほつれでしたのでベルトの長さ調整ができるため使用上の問題はないと判断し、ベルトのほつれている部分をカットし奥に詰めて再縫製をするお修理内容に決定いたしました。
ほつれの範囲が広かったり、途中で切れてしまっている場合などはベルトを取替えることも可能です。

まずは、スーツケース本体のベルトを縫い付けている部分の縫製を解き残っているベルトを完全に取り外します。
取り外したベルトのほつれている部分をカットしコテやライターで切り口を溶かしてほつれ難くします。

ベルトをメインファスナーに戻して再度縫製していき完成です。

スーツケース内装ベルトの再縫製修理

3,修理代金

今回のお修理内容で、2,000円(税抜き)でした。
同じお鞄でも破損の状況や使用する材料により前後いたします。

通常、スーツケースの内装クロスベルト修理の概算修理代金は下記の通りです。
●内装クロスベルトほつれ修正→約1,500~3,000円程度

●内装クロスベルト取替→約3,500~6,000円程度

画像をお送り頂けましたらもう少し詳細な価格をお答えできますのでメールもしくはライン@からお気軽にお問合わせください。

ボンドリペアではスーツケースをはじめ、ゴルフのキャディバッグやカバン全般、家具やその他の修理、椅子の生地張替えなども承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。