(THE NORTH FACE)ノースフェイス/キャリーバッグのタイヤゴム割れを交換修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は、(THE NORTH FACE)ノースフェイスのキャリーバッグ修理事例をご紹介します。
破損状態は、キャスターのタイヤゴム部分が劣化して割れてなくなっています。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/キャリーケースの修理

1,タイヤの状態とバッグの構造確認

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/キャリーバッグの修理

まずはタイヤの状態を確認します。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/キャリーバッグのキャスター修理

向かって右のタイヤの外側についていたゴムが割れてなくなっています。
左側は残っている状態です。
普段ひっくり返して見ることもあまりない箇所なので、よく見ないと気が付かないかもしれません。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/キャリーバッグのタイヤが劣化してゴムが割れて無くなっている

こちらがゴムが無くなっている方のタイヤです。
このままでも走行できるのですが硬い芯部分が露出している状態なので走行音がゴムのタイヤよりも大きくなります。

だいたいみなさんがお気づきになるので走行時の音や抵抗が増したことでタイヤの以上に気が付かれることが多いかと思います。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/キャリーバッグのタイヤが白く変色している

こちらがゴムが残っている方のタイヤです。
見て頂くと分かりますが白っぽくなっています。これはゴムが経年変化で加水分解などが原因となっ劣化してきている目印です。
よく見るとうっすらと亀裂が入ってきています。

2輪タイプのキャリーバッグは通常ですと2輪とも同じ頻度で回転しているはずなのでどちらもだいたい同じ時期に摩耗します。

2,今回のお修理方法

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/キャリーケースの内装を剥がす

今回はキャスターのタイヤのみを2輪とも交換いたします。

このタイプのキャスターはこのままではタイヤの交換が出来ないため一度本体からキャスターを取り外します。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/キャリーバッグの内装をめくる

キャリーバッグやスーツケースはキャスターやハンドルパーツの交換がしやすいように内装にファスナーやマジックテープで開閉できる構造になっているものが多く今回のお鞄も内装がマジックテープで固定されています。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/キャリーバッグとキャスターを固定しているカシメを抜く

内装をめくると各パーツの裏側が見えます。
パーツはカシメという中空の鋲で固定されていますのでそのカシメを抜いてパーツを取り外します。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/キャリーバッグからキャスターを取り外す

そうしてキャスターを2個とも取り外します。
ここからさらに車輪のみを外します。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/キャリーバッグのタイヤを固定しているシャフトの頭を削り取る

キャスターは約6~8mm程度の直径のカシメを軸として固定されているものが多く先ほどと同じようにこのカシメの頭を削り落としていきます。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/キャリーバッグのタイヤを固定しているシャフトを削り取る

カシメの頭を削り落として引っ掛かっている部分が除去できたらあとは引き抜いて車輪を取り外します。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/キャリーバッグのキャスターから車輪のみ取り外す

ようやくタイヤだけの状態になりました。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/キャリーバッグのキャスター修理に使用する汎用車輪

こちらが今回使用するタイヤです。
見た目はほとんど変わりません。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/キャリーバッグのキャスターから外したタイヤの外径

元のタイヤが直径約69mm。
キャスターとタイヤの隙間も確認して外径はほとんど減ってなさそうなのでこれ以上大きなタイヤを入れるとキャスターのタイヤハウス内に擦れる可能性があるので69mm以下のタイヤを用意します。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/キャリーバッグのキャスター修理に使用するタイヤの外径

直径69mmのタイヤがなかったので一番近い直径68mmのタイヤを使用します。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/キャリーバッグのタイヤの隙間をワッシャーで埋める

新しいタイヤをキャスターにはめて隙間を確認します。
今回使用するタイヤは元のものよりも幅がほんの少し狭くなっているので1mm厚のワッシャーを入れて遊びを減らします。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/キャリーバッグのキャスターを外してタイヤのみ交換

タイヤを6mm径のシャフトで固定してキャスターの完成です。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/キャリーバッグのキャスター修理

これを本体に組付けていきます。
写真がありませんが組付ける前にベアリングに注油してタイヤの回転を確認しながら馴染ませておきます。

バッグの修理に使用する中空鋲(カシメ)

こちらがパーツの固定に使用する4mm径のカシメです。
パーツや取付箇所の生地の厚みに応じて様々な長さを使い分けます。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/キャリーバッグのキャスター取付け

すべての固定箇所をカシメで留めてお修理は完成です。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/キャリーバッグのタイヤゴム割れを修理

キャスターが割れてしまっている場合はキャスターごと交換になります。
代替のパーツから適合しそうなものをお探ししますのでお気軽にご相談ください。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/キャリーバッグのゴムが欠けたタイヤを取替修理

底脚やハンドルなど他の箇所のお修理も承っております。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/キャリーバッグのゴムが欠けたタイヤの交換

3,今回のお修理費用と納期

今回のタイヤ2個交換で、費用が6.000円(税抜)、納期が約1週間でした。
※同じような症状でも付近の構造や状態などにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。