(JACKBUNNY)ジャックバニー / 抜けてしまったキャディバッグのハンドルを再取付

こんにちは。大阪でゴルフのキャディバッグやスーツケースなどのバッグ全般と家具やその他の修理をしておりますボンドリペアと申します。

今回のご依頼は(JACKBUNNY)ジャックバニーのキャディバッグ修理をご紹介いたします。
(JACKBUNNY)ジャックバニーはメンズ、レディースともにデザインがポップで可愛いものが多く、最近では『ドラえもん』とコラボするなどホームページを見ているだけでも楽しくなるブランドです。

修理する箇所はハンドルを固定しているカシメの上部が外れてハンドルが本体から抜けてしまっているところを修理します。

1, ハンドルの破損状況と構造の確認

(jackbunny)ジャックバニー / キャディバッグのハンドル外れ

まずは、ハンドル上部の作業をするために口枠付近の解体組立が可能かをチェックします。
今回のキャディバッグは特に問題なく解体組立が可能そうでしたので次にハンドルのカシメがどの部分にどのように固定されていたかを解体せずに確認できる範囲で確認します。
こちらも修理に支障のあるような構造はなさそうです。

構造を確認した上でハンドルの上部カシメを再取付する方法でお見積もりをさせて頂きました。

(jackbunny)ジャックバニー / キャディバッグのハンドル抜け

同じようにハンドルが抜けてしまった症状でもキャディバッグのデザインや力の掛かり方によってカシメの固定の仕方を毎回そのバッグに合わせて考えます、下の修理事例の場合は元々縫製のみで固定されていたハンドルを見えない箇所でカシメ留めをして補強しました。
(TITLIST)タイトリスト / キャディバッグのハンドルベルトを補強して再取付

2,今回のハンドル外れを修理する方法

ハンドルの上部を再取付するにあたり、作業スペースを確保する必要がありますので口枠を解体します。
口枠を解体する際にハンドル上部に被さっているエプロン部分もカシメを4本とも抜いて取り外します。

エプロンを取り外すとハンドルを固定しる部分が出てきますので状態を確認します。
ハンドル側のカシメが通っていた穴が広がって抜けていたようで本体側にカシメが2本残った状態でした。

ハンドル側のベルトを補強して本体側にも念のため補強の板を入れて新しいカシメを打ち込み固定します。

(jackbunny)ジャックバニー / キャディバッグのハンドル取付修理

エプロンや口枠を元通りに組み立てて完成です。

(jackbunny)ジャックバニー / キャディバッグのハンドル修理

ハンドルのベルトが切れてしまった場合も代わりのベルトに取替えることでお修理できます。
(J.LINDEBERG)キャディバッグのハンドルベルトを交換しました

3,修理代金

今回のお修理内容で、6,000円(税抜き)でした。
同じお鞄でも破損の状況や使用する材料により前後いたします。

キャディバッグハンドルのカシメが外れて再取付するお修理の概算価格は約4,000~10,000円程度

画像をお送り頂けましたらもう少し詳細な価格をお答えできますのでメールもしくはライン@からお気軽にお問合わせください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやバッグ全般、家具やその他の修理、椅子の生地張替えなども承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。