(XXIO)ゼクシオ / キャディバッグのハンドル外れを再取付して修理

こんにちは。大阪でゴルフのキャディバッグやスーツケースなどのバッグ全般と家具やその他の修理をしておりますボンドリペアと申します。

今回のご相談は、(XXIO)ゼクシオのキャディバッグでハンドルが抜けてしまったとのことでした。
構造と修理箇所付近の状況を確認し修理可否の判断と見積りをしていきます。

1, ハンドルの破損状況と構造の確認

(xxio)ゼクシオ / キャディバッグのハンドル抜け

ハンドルの構造を確認すると、ハンドルの上部は本体から上方向に出てぐるっと下に回って下を本体に差し込んで固定しています。
というわけでハンドル上部のカシメを留めるためには一度下もカシメを抜いてハンドルを取り外す必要があります。
工具などを工夫すればそのままの状態で打つことも可能ですが今回は修理の時間や打ちやすさを考慮した上でお見積金額には変動がなかったので先述の方法でお見積をしました。

ハンドル部分のカシメ打ち換えにあたり、口枠の解体組立の可否とハンドル付近の確認をします。
こちらも特に問題はなさそうでしたので修理は可能であろうということでお見積もりと納期をお伝えします。

(xxio)ゼクシオ / キャディバッグのハンドルを固定しているカシメ抜け

同じようにハンドルが抜けてしまった症状でもキャディバッグのデザインや力の掛かり方によってカシメの固定の仕方を毎回そのバッグに合わせて考えます。
(TITLIST)タイトリスト / キャディバッグのハンドルベルトを補強して再取付
(JACKBUNNY)ジャックバニー / 抜けてしまったキャディバッグのハンドルを再取付

(xxio)ゼクシオ / キャディバッグのハンドル外れ

2,今回のハンドル外れを修理する方法

キャディバッグの本体側を修理する際はほとんどの場合口枠や仕切りの解体から入ります。外装のハンドルやショルダーベルトの根本を固定しているカシメは中の筒まで貫通して挟み込んで固定しています。それを外して新しく打ち換えるためには手や工具を入れて作業する必要があるため、そのスペースを確保する為に口枠と仕切りを解体します。

今回もハンドルの修理をするため口枠と仕切りから解体していきます。
前の項で記載した通りハンドルの上部カシメを打つためには下部も外す必要がありますので、ハンドルを固定しているカシメをすべて抜き取ります。

新たにカシメを打ってハンドルを固定していくのですが、一度カシメを外すと穴が広がっていたり、今回のように重みでカシメが抜けてしまった場合は元の穴が広がっていたり付近の中筒が割れていたりするので状況によってワッシャーの外径を大きくしたり補強板を当てて打ち直します。

(xxio)ゼクシオ / 抜けてしまったキャディバッグのハンドルを再取付

ハンドルのカシメを打ち直して口枠、仕切りを元通りに組み直して完成です。

(xxio)ゼクシオ / 抜けてしまったキャディバッグのハンドルカシメ打ち直し

ハンドルのベルトが切れてしまった場合も代わりのベルトに取替えることでお修理できます。
(J.LINDEBERG)キャディバッグのハンドルベルトを交換しました

3,修理代金

今回のお修理内容で、5,000円(税抜き)でした。
同じお鞄でも破損の状況や使用する材料により前後いたします。

キャディバッグハンドルのカシメが外れて再取付するお修理の概算価格は約4,000~10,000円程度

画像をお送り頂けましたらもう少し詳細な価格をお答えできますのでメールもしくはライン@からお気軽にお問合わせください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやバッグ全般、家具やその他の修理、椅子の生地張替えなども承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。