(PUMA)プーマ / キャディバッグフード生地の切り傷がある部分を代替え生地で張替え修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますBOND repair / ボンドリペアと申します。

今回は、(PUMA)プーマのキャディバッグフード修理をご紹介します。破損状態は、フードカバーの背面にカッターで切ったような切り傷が約20cmほど入っています 。

(PUMA)プーマ / キャディバッグ フードカバーにカッターで切ったような切り傷

1,切り傷付近の状態とフードの構造を確認

(PUMA)プーマ / キャディバッグ フードカバーをカッターで切ってしまった

まずは傷の長さや内装まで切れているかなどを確認します。
今回は表側だけで内装生地は切れていませんでした。
切れ方を見ても恐らくカッターなどで切ってしまったのかと思われます。

細かい切り傷が入る症状は別の記事でご紹介しております。
キャディバッグフードカバーに細かい穴や傷ができる原因と修理方法

(PUMA)プーマ / キャディバッグ フードカバーの背面生地破れ

キャディバッグのフードカバー(特に背面生地)にはロゴの刺繍などが入っていることが多いのでそれらの有無も確認し、傷との位置関係なども確認しておきます。

2,今回のお修理方法

今回は切り傷の長さが約20cmあり、フードの生地破れ修理で行う刺繍を入れる方法では塞ぐことが困難であると判断して生地の張替えでの修理をご提案いたしました。

ただ、先ほども記載した通り背面生地にはロゴ刺繍が入っていることが多く今回のフードカバーもPUMAのロゴが刺繍されていました。
代替えの生地に張替える場合、画像データからロゴ刺繍を入れることは技術的には可能ですが、著作権の問題から勝手に刺繍を入れることは出来ません。
無地になることをご了承いただいた上でのお修理となります。

(PUMA)プーマ / キャディバッグ フードカバーの生地張替えで使用する代替え生地探し

生地の見本帳から比較的質感、風合いの近い生地を探していきます。
今回は強度も考慮して防弾チョッキなどでも使用されているバリスティックナイロン生地を使用することなりました。

生地張替えで代替えの生地を使用する場合は事前に元の生地との比較画像をお送りしてご確認いただいた上での修理スタートとなります。

(PUMA)プーマ / キャディバッグ フードカバーの背面生地切れ

お修理の流れは、フードカバーを解体し生地を張替える部分の元の生地から型を起こして新しい生地を切り出し組み立て直して完成です。

(PUMA)プーマ / キャディバッグ フードカバーの背面生地破れを代替え生地で張替え

一般的なフードカバーは、マチ生地(ファスナー両サイドの生地)2枚と背面生地1枚の3分割になっているものが多いです。

ファスナー修理でもご紹介したように、張替えで使用する生地は今回のように出来る限り近いもので張替えるか、まったく違う質感の生地に張替えてオリジナルにカスタムすることも出来ますのでお気軽にご相談ください。
キャディバッグ破損で断トツNo,1。フードのファスナー破損

(PUMA)プーマ / キャディバッグ フードカバーの生地破れを張替え修理

3,今回のお修理代金とフード生地修理の概算価格

今回の修理内容で、15,000円(税抜き)でした。
キャディバッグフード生地修理の概算価格は下記の通りです。

●図形刺繍(1個) 約3,000~6,000円程度
●マチ生地張替え(左右セット) 約12,000~18,000円程度
●背面生地張替え  約15,000~18,000円程度
●フード生地全張替え 約18,000~25,000円程度

同じお鞄でも細部の構造や使用する材料により前後いたします。

ボンドリペアではスーツケースをはじめ、ゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。
お気軽にご相談ください。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。