(Samsonite)サムソナイト / コスモライトの切れたファスナーに開き止めを付けて修正し代替えのスライダーで修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般、家具やその他様々なモノの修理をしておりますBOND repair / ボンドリペアと申します。

今回は(Samsonite)サムソナイトのスーツケース(コスモライト)修理をご紹介いたします。内容は、ファスナーの一部が切られてスライダーが2つとも欠損しておりスーツケースの底と蓋がバラバラになっていました。

1, ファスナーが切られた箇所の状態確認

(Samsonite)サムソナイト / コスモライトのファスナーを切られてスライダーが欠損

今回お預かりしたスーツケースのファスナーが切られた状況をお伺いしたところ、何か鋭利なものに引っ掛かったのか気が付いたら切れていたということでした。
スライダーも保管中に紛失してしまったそうです。

2,今回の修理方法

不幸中の幸いといいますか、ファスナーが切れていた箇所が後ろ側の通常使用時は閉まったままのところが切れていましたので開閉できる必要はありません。
そこで開いてしまっている部分を閉じて、切れているところから開いてくることが無いよう開き止めのストッパー金具を取り付けて修理します。
紛失していたスライダー引手は代替えのパーツを使用します。

今回のサムソナイト(コスモライト)ファスナー修理を動画にまとめておりますのでよろしければこちらもご覧ください。

(Samsonite)サムソナイト / コスモライトのスライダーを取り付け

まず、ファスナースライダーを取り付けていきます。ファスナーコイル(レール部分)が激しく損傷しているところはなかったので、切れているところをまたいでスライダーを通していきます。

(Samsonite)サムソナイト / コスモライトのファスナースライダーを取替

綺麗に閉まってくれました。

(Samsonite)サムソナイト / コスモライトの切られたファスナーに開き止めを付けて修正

閉めただけでは圧力ですぐに開いてしまうため開き止めのストッパー金具を取り付けます。
挟み込むのに使用している工具は『やっとこ』という工具で色々な種類を自分で改造して作ったりします。

 

鍋をつかむのに使用するものもやっとこというのですね。

 

 

様々なサイズのスライダーと開き止め金具がセットになったもの。

 

(Samsonite)サムソナイト / コスモライトの切られたファスナーにストッパー金具をつけて修理

開き止め金具を取り付けた状態。
100%ではありませんがこれでファスナーが開くことはほとんどありません。

(Samsonite)サムソナイト / コスモライトのファスナースライダーを代替えパーツで取替

反対からもスライダーを通します。この時ファスナーコイルの左右がずれていると2つのスライダーが合わさった時にコイルの余りができてしまうので左右均等になっているかを確認しておきます。

(Samsonite)サムソナイト / コスモライトの内装エプロンクリップ

問題なければ内装を組み立てて完成です。

(Samsonite)サムソナイト / コスモライトの切られたファスナーを開き止めで修正し、代替え引手を取り付けて修理

3,今回の修理代金

今回の修理内容で、5,500円(税抜き)でした。
同じお鞄でも細部の構造や使用する材料により前後いたします。
スーツケースのファスナー修理の概算価格は下記の通りです。
●ファスナー修正 約3,000~8,000円程度
●ファスナー取替 約18,000~30,000円程度

ボンドリペアではスーツケースをはじめ、ゴルフのキャディバッグやカバン全般、家具やその他の修理、椅子の生地張替えなども承っております。
ギターケースやカメラバッグなどの特殊なものもお修理を承っておりますのでお気軽にご相談ください。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。