(TUMI)トゥミ / キャリーバッグの引き出せなくなったスライドハンドル内部を加工して修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますBOND repair / ボンドリペアと申します。

今回は、(TUMI)トゥミのキャリーバッグ修理をご紹介します。
破損状態はスライドハンドルのボタンを押してもハンドルが出てこなくなっています。

トゥミのビジネスバッグ修理は、
(TUMI)トゥミ / 使い込まれたブリーフケースに詰まったストーリーを紡ぐお手伝い
– ハンドルレザーグリップ編 –
– メインファスナー編 –

(TUMI)トゥミ / キャリーハンドルが引き出せなくなったビジネスキャリーバッグ

1,状態の確認

(TUMI)トゥミ / ビジネスキャリーバッグのスライドハンドルが出てこない

まずは状態を確認していきます。
引っ張りハンドルのボタンを押しても全く出てくる気配がありません。

一般的なスーツケースなどについているキャリーハンドルでもよく見られる症状です。
恐らく内部のパーツが割れたり折れたりしてボタンからの動きが伝わらなくなっているものと思われます。

通常ですとスライドハンドルごと取替えが必要になりますが、今回は引っ張り出せるようになって使用できる状態になるようにということで内部の修理が可能か検討してみます。

2,今回のお修理方法

今回のお修理を動画にまとめておりますのでよろしければこちらもご覧ください。

(TUMI)トゥミ / ビジネスキャリーバッグの内装を開ける

まずはスライドハンドルをバッグから取り外します。
内装はパーツの交換がしやすいようにマジックテープやファスナーで開閉が出来るようになっています。

(TUMI)トゥミ / ビジネスキャリーバッグの引っ張りハンドルが出てこない

下側を固定している左右ネジ2本を外します。
ネジはそれぞれ種類が異なるので解体するパーツが多くなる場合は元の位置に挿しておくかマークしておきます。

(TUMI)トゥミ / ビジネスキャリーバッグの引っ張りハンドルを取り外す

上の2本も外します。
ここは裏の板にメスネジが埋め込まれているのですがそれが一緒に回ってネジが抜けない場合もありますのでその場合は裏側から指で押さえながら回すと抜くことができます。

(TUMI)トゥミ / ビジネスキャリーバッグのスライドハンドルを取り外す

これでハンドルを外すことができますので上部から引き抜きます。

(TUMI)トゥミ / ビジネスキャリーバッグのキャリーハンドルを取り外す

外したスライドハンドルを解体していきます。
ハンドルグリップ部分は表と裏側からネジで固定されていますので左右表裏の計4本のネジを抜きます。

(TUMI)トゥミ / ビジネスキャリーバッグのスライドハンドルを解体する

ハンドルグリップを外した状態。
右にあるサイコロ上のパーツにネジ山が切られています・
細かいパーツ類は失くさないようにまとめておきます。

(TUMI)トゥミ / ビジネスキャリーバッグのスライドハンドルの内部構造

ハンドルグリップの内部を見てみると芯が出ていてボタンを押すとこれが上下する仕組みになっています。
左右確認すると片方の出具合があまり良くありません。
ボタンを押しても少し動きますがぐらつきもあるようです。

これが原因となって力が伝わっていないようなのでここをなんとかすればハンドルの出し入れは出来るようになりそうです。

(TUMI)トゥミ / ビジネスキャリーバッグの引っ張りハンドルの内部構造

グリップ側を解体しようと試みたのですがダイキャストのような素材であまり力を加えすぎると割れてしまいそうなのでスライドバーの中にあるパーツを加工することにします。

(TUMI)トゥミ / ビジネスキャリーバッグのキャリーハンドルの内部構造

バーから取り出したパーツ。
この芯棒を伸ばせば先ほどのパーツに触れさせることができるのではないかと考えました。

(TUMI)トゥミ / ビジネスキャリーバッグのキャリーハンドル内部を加工して修理

一度試してみます。
直径の近い鉄製の丸棒を元の芯棒よりも少し長めにカットします。

(TUMI)トゥミ / ビジネスキャリーバッグのキャリーハンドル内部の部材を交換

芯棒のみを新しい丸棒と差し替えます。
このパーツを入れて動作を確認してみたところスライドバーの出し入れは出来るようになりました。

ただ、ハンドルグリップ内部の部品が破損しているようでボタンの動きに合わせてスライドバーのロックを開閉することが出来ず伸縮のみの動作しかできません。

最短に収納することと最長の状態でバッグを引っ張ることはできるのでこの状態でご使用できるかご確認頂いた上で今回はこちらの状態までのお修理とさせて頂きました。

(TUMI)トゥミ / ビジネスキャリーバッグのスライドハンドルを組み立てる

あとは同じように組み立てていきます。
サイコロ上のブロックを先にバーに入れてハンドルグリップを入れネジで固定します。

(TUMI)トゥミ / ビジネスキャリーバッグのスライドハンドルを取り付け

内部も同じように組み立てていき完成です。

(TUMI)トゥミ / ビジネスキャリーバッグの引き出せなくなったスライドハンドルの内部を加工して引き出せるように修理

3,今回のお修理費用

今回の内容で2,500円(税抜き)でした。
※状態や構造によって納期や価格は変動いたします。

スライドハンドルごとの交換はメーカー修理となりますので納期、費用面を考慮してお客様から直接ご依頼頂くことをお勧めしております。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン@からお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。