(TUMI)トゥミ/キャリーバッグの車輪ゴム割れを修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は、(TUMI)トゥミのキャリーバッグ修理をご紹介します。
破損状態は、キャスターのタイヤゴムが割れて回転不良を起こしています。

(TUMI)トゥミ/キャリーバッグの修理

同じくTUMIのビジネストローリーのタイヤを交換した事例は、
(TUMI)トゥミ/ビジネスキャリーバッグの割れてしまった車輪を代替の車輪に交換修理

1,キャスターの構造と状態を確認

まずはキャスターベース自体に破損が無いかを確認します。
通常タイヤのゴム割れのみでしたらそのまま長期間使用していない限りキャスターベースが破損することはあまりありません。

タイヤのゴムが割れて完全に取れてしまえばタイヤのホイール部分のみで走行は可能ですが直径が小さくなったことによってキャスターベースが擦れて削れてしまったり、回転不良のまま走行すると軸とホイールの摩擦が増えて軸が熱くなりキャスターベースの軸が通っているところが溶けてしまったりといった状態になることもございます。

その場合はキャスターベースごと交換が必要になり、お修理費用が高額になる傾向にありますので異常を感じた際は早めに対処した方がいい場合もございますのでお気軽にご相談ください。

2,今回のお修理方法

(TUMI)トゥミ/スーツケースのゴムが割れたタイヤを交換

今回はタイヤのゴム割れのみでキャスターベースには破損もなく、再利用が可能な状態でしたのでタイヤのみを交換いたします。
また、TUMIなどのブランドバッグに関しましては特に同じ形状のパーツを入手することが困難ですので基本的には代替えのパーツを使用してお修理をいたします。

お時間はかかりますが純正パーツでのお修理も可能ですのでご要望に応じて対応させて頂きます。

順を追ってお修理の流れをご紹介いたします。

写真がございませんでしたがバッグごとお預かりいたしましたのでまずはバッグからキャスターベースごと取り外します。
取り外したキャスターベースにタイヤがカシメで留められているので写真のようにドリルでカシメの頭を削り落とします。

(TUMI)トゥミ/キャリーバッグのタイヤシャフトを削り取る

この時にドリルを長時間当てすぎると軸が熱を持ってキャスターベースの軸穴が溶けて変形してしまう恐れがありますので数回に分けて削り落とすなど都度調整をしながら作業をいたします。

(TUMI)トゥミ/キャリーバッグのキャスタータイヤハウスをクリーニング

カシメの頭の開いている部分を削り落とすと軸を引き抜くことができますので、それでタイヤを取り外すことができます。

(TUMI)トゥミ/キャリーバッグの車輪を外したキャスターベース

よほど大きなゴミなどが入っていなければ動作には影響はありませんがせっかく新しいタイヤが付くので普段は手の入らないタイヤハウス内を綺麗にクリーニングしておきます。

(TUMI)トゥミ/キャリーバッグの車輪軸をボルトで代用

今回はこちらの車輪を使用いたします。
軸が通る内径はベアリングを交換すれば変更可能なので、タイヤの外径と幅を元のタイヤに近いサイズのものを用意します。

大きすぎるとタイヤハウスに干渉してしまい、小さすぎると立てた際に傾いたりバッグの底が擦れてしまう恐れがあります。

(TUMI)トゥミ/キャリーバッグの車輪を埋め込みナットとボルトで固定

キャスターベースの裏側には写真のような埋め込みタイプのナットを入れます。
元の軸が直径8mmで今回は6mmのボルトを使用しますのでこのナットがちょうどフィットするサイズでした。

軸の穴に対して軸が細すぎるとタイヤがグラついてしまい、これも軸に摩擦を増やして熱を持たせてしまう原因となりますので出来る限り遊びは少なく固定できる方法を都度工夫して取り付けをいたします。

(TUMI)トゥミ/キャリーバッグの車輪を汎用タイヤに取替

タイヤをボルトナットで固定する際は、特に2輪タイプのキャリーバッグに関してですが走行時のタイヤの回転方向に注意が必要です。

ネジの締め込み方向に回転する側はベアリングタイプではないタイヤを使用した際にネジが締まり込んでタイヤが回転しなくなってしまったり、
逆にネジが緩む方向に回転する側はネジが緩んでくる可能性があります。

それらのリスクを軽減するためにネジロックなどを用いてボルトナットが一定の箇所で固定されるようにして取り付けをする必要がございます。

(TUMI)トゥミ/キャリーバッグのタイヤを交換したキャスターを取り付け

完成したキャスターは回転を確認してから本体に組み付けていきます。
今回はキャスターベースの内側に突起が出ない方法で固定ができましたがどうしてもナットが飛び出るなど元の状態よりも突起が出る状態で固定をした場合は、本体にキャスターベースと取り付ける際にその突起が干渉する可能性も考慮しておきます。
必要な場合は本体側を少し加工する可能性もございます。

(TUMI)トゥミ/キャリーバッグのキャスター取付

キャスターベースは内側からネジで固定されていますのでそれらをすべてしっかりと締め込んで固定をします。

(TUMI)トゥミ/キャリーバッグのゴムが割れた車輪を代替えタイヤに交換

キャスターベースの取り付けが出来たら最後にもう一度回転を確認して動作に問題がなければ完成です。

(TUMI)トゥミ/キャリーバッグの割れたタイヤゴムを代替えの車輪に交換修理

3,今回のお修理費用と納期

(TUMI)トゥミ/キャリーバッグのタイヤゴム割れを修理

今回の(TUMI)トゥミ/キャリーバッグのタイヤ交換2箇所で、費用が7.500円(税抜)、納期が約1週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。