(Medical bag)ダレスバッグ / 切れてしまった開き止めのベルトを新たに作製して取替え修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般、家具やその他様々なモノの修理をしておりますBOND repair / ボンドリペアと申します。

今回は、(Medical bag)ダレスバッグの修理事例をご紹介いたします。
破損状態はがま口状のカバンの蓋を固定するホックが付いている革ベルトが切れてしまっています。

1, 革ベルト付近の構造とホックなどの確認

(Medical bag)ダレスバッグ / 開き止めのベルトが切れている状態

まずは、革ベルトがついている付近の構造を確認します。
こちらはがま口の枠と正面の生地に挟み込むようにして一緒に縫製されています。
この時に裏側も確認しておきます。バッグのタイプごとに大まかに作り方は決まっていますがイレギュラーがあると修理の固定が大きく変わることもあるので見積段階で細かく確認しておく必要があります。

ホックは規格サイズのバネホックが使用されていました。

2,今回の修理方法

(Medical bag)ダレスバッグ / 開き止めのベルトが切れてホックだけ残っている

今回は、切れた革ベルトを新しく作り直しホックも新しいものに交換します。
ホックは基本的には規格のサイズのものが使用されており、こちらで使用されていたのも規格のバネホックでしたのでベルト側のみ新しく取替えます。

まずは、がま口状のフレームと本体の縫製を最小限の長さだけ解きます。
残っていたベルトとホックの取付位置から新しいベルトの寸法を計算し、型を起こして切り出します。

(Medical bag)ダレスバッグ / 切れてしまった開き止めの革ベルトを取替え

ホックがちゃんとかかるかをチェックしてから元通りに縫製し直して完成です。

(Medical bag)ダレスバッグ / 切れてしまった開き止めの革ベルトを新たに作製して取替え修理

3,今回の修理代金

今回のダレスバッグ開き止め革ベルト取替え修理で、4,500円(税抜き)でした。
同じお鞄でも細部の構造や使用する材料により前後いたします。

ボンドリペアではスーツケースをはじめ、ゴルフのキャディバッグやカバン全般、家具やその他様々なモノの修理、椅子の生地張替えなどを承っております。
ギターケースやカメラバッグなどの特殊なものもお修理を承っておりますのでお気軽にご相談ください。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。