(LORINZA)ロリンザ / バックパックの持ち手と肩ベルトの付け根ほつれを再縫製して修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般、家具やその他様々なモノの修理をしておりますBOND repair / ボンドリペアと申します。

 

今回は、(LORINZA)ロリンザのバックパック修理事例をご紹介いたします。
破損状態は持ち手と肩ベルトの付け根の縫製がほつれて抜けてしまっています。

 

1, ほつれの状態と構造の確認

 

(LORINZA)ロリンザ / バックパックの持ち手と肩ベルト付け根のほつれ

 

バックパックの構造とほつれの状態を確認します。
ブランドバッグ全般に言えることですが、そう簡単には修理させてくれる構造になっていないものが多くあります。
今回のロリンザのリュックも解れている箇所を縫製する為には一部内装を解体する必要があります。

 

(LORINZA)ロリンザ / バックパックの持ち手と肩ベルト抜け

 

2,今回の修理方法

 

(LORINZA)ロリンザ / バックパック持ち手と肩ベルトの縫製が解れて抜けている

 

まずは、ほつれている箇所を縫製が出来るように内装をめくる必要があります。

 

(LORINZA)ロリンザ / バックパック修理

 

一部内装をめくって持ち手と肩ベルトが縫製されている箇所が触れる状態にします。
解れていた持ち手と肩ベルトの端は特に破れなどはなく、縫製糸が切れてほつれているような状態でしたので気持ち元の縫製されていたところよりも奥に詰めて再縫製をします。
その後内装を元通りに縫製し直して完成です。

 

(LORINZA)ロリンザ / バックパックの持ち手と肩ベルトの付け根ほつれを再縫製して修理

 

3,今回の修理代金

 

今回のバックパックの持ち手、肩ベルト根本のほつれ修理で、7,500円(税抜き)でした。
同じお鞄でも細部の構造や使用する材料により前後いたします。

 

ボンドリペアではスーツケースをはじめ、ゴルフのキャディバッグやカバン全般、家具やその他様々なモノの修理、椅子の生地張替えなどを承っております。
ギターケースやカメラバッグなどの特殊なものもお修理を承っておりますのでお気軽にご相談ください。

 

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。