スーツケースの荷物を締める内装ベルトの解れを修正

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は、スーツケース修理をご紹介します。
破損状態は、スーツケースを開けた際に荷物がこぼれてこないようにする内装ベルトの端がほつれて外れてしまっています。

スーツケースの内装クロスベルトがほつれて抜けている

以前に修理した似たような症状のスーツケース、
ファスナータイプのスーツケース/内装クロスベルトのほつれ修理(再縫製)

1,外れたベルトの状態とスーツケースの構造を確認

まずはベルトの解れ具合を確認します。
今回ほつれているのはベルトの端を本体に縫製していた部分からほつれてきているようでほぼ根本の部分がほつれています。

スーツケースの荷物を止めるベルトがほつれて抜けた

ベルトが本体に縫われていた部分も確認します。
一般的なファスナータイプのスーツケースではほとんどがファスナーと一緒に本体に縫いこまれています。
こちらのスーツケースも同じような構造でファスナーの縫製を解くとベルトを外すことができます。

2,今回のお修理方法

今回はベルトの根本でほつれており、約5mm程短くなる程度なので解れている箇所を整えて再縫製をします。

スーツケースの内装クロスベルトを取り外す

ベルトが縫製されているところよりも少し広い範囲でファスナーの縫製を解きます。

スーツケースの内装クロスベルトの端がほつれている状態

解れたベルトの端は熱処理をして解れ防止をします。

スーツケースの内装クロスベルトの端を熱処理して解れ防止する

不要な部分をカットしてライターで切り口を溶かして固めます。

スーツケースの内装クロスベルトの再縫製

元の位置に接着をして再縫製をしていきます。

スーツケースの内装クロスベルトの解れを修理

クロスベルトをつけてみて左右のバランスや長さの確認をして問題がなければ完成です。
解れの状態によってはベルトを交換することもございます。

3,今回のお修理費用と期間

今回のスーツケース内装クロスベルトの解れ修正で、費用が1.500円(税抜)、期間が約1週間でした。
※似たような症状でもベルトの状態やスーツケースの構造によって費用や期間は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン@からお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。