(RIMOWA)リモワ・トパーズ / 粉まみれの内装を張替え

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグ、家具などの修理店をしておりますボンドリペアと申します。

(RIMOWA)リモワといえばアルミのスーツケースが有名ですが、その中でも特に人気のトパーズの修理をご紹介いたします。

古いモデルで内装の裏に薄いウレタン(スポンジのようなもの)が貼ってあるものは経年の変化で黒っぽい粉が出てくる場合があります。
一度こうなってしまうと何度掃除機で吸ってもひたすら粉が出てくるので根本的に解決するにはウレタンを除去するしかありません。
モデルによっては純正の内装での張替えも可能ですが、今回はせっかく張替えるなら別の生地にしたいということで違う生地で張替えをいたしました。

1, 内装が黒っぽい粉まみれになる原因

以前フードカバーの記事でご紹介しておりますが、
キャディバッグのフードカバーの生地がボロボロと剥がれてくる症状を修理する方法

加水分解という症状で、空気中の水分やスーツケース内部の湿気などと素材が科学反応を起こして見られる状態です。
一度この症状になってしまうと原因となっているウレタンを取り除くしか粉の発生を完全に止める方法はございません。

(RIMOWA)リモワ、トパーズ/内装の粉

2,修理方法

既存の内装をすべてめくっていきます。ウレタンは本体側に付着していることが多いので溶剤を使いながら根気強く擦って取り除きます。
元の内装は本体側がテレスコープハンドルを包むようなポケット状になっていましたが、全体を覆う形に変更しました。
※修理前の写真を撮り忘れたので違うカバンのため完成後のトパーズとクロスベルトなど若干違っています。

(RIMOWA)リモワ、トパーズ/内装修理

元の生地から新しい生地に型を写して裁断します。

ファスナータイプのスーツケースの内装張替えをご紹介した記事、
(Samsonite)サムソナイト/スーツケースの内装汚れ、クリーニングで落とせない時の修理方法

で内装のセンターファスナーを作りましたがリモワのフレームタイプのリスーツケースの場合比較的容易に内装をめくってパーツ取替えが可能なのでセンターファスナーは作りませんでした。

(RIMOWA)リモワ、トパーズ/内装張替え

出来上がった内装をスーツケース本体に貼り付け、クロスベルトなどを取り付けて完成です。

(RIMOWA)リモワ、トパーズ/内装レザー

内装を張替えると開けた時の印象ががらっと変わりますね。
個人的にウイリアムモリスの生地で張替えたいなと思いました。まあ、リモワのスーツケース持ってないんですけどね。
お好きな生地で張替えることもできますのでお気軽にご相談ください。

(RIMOWA)リモワ、トパーズ/内装取替

3,修理代金

今回の内装両面張替え修理内容で、32,000円(税抜き)でした。
同じお鞄でも破損の状況や使用する材料により前後いたします。

通常、スーツケースの内装張替え修理の概算修理代金は下記の通りです。
●スーツケース内装張替え(片面)→約12,000~24,000円程度

画像をお送り頂けましたらもう少し詳細な価格をお答えできますのでメールもしくはライン@からお気軽にお問合わせください。

4, 再発を軽減する方法

粉が出てくるのは素材が加水分解することが原因と書きました。
その加水分解の原因は水分なので、保管する場所の湿度を減らし、スーツケースは使用後開けた状態で換気してから防湿材などを入れて保管することで多少素材の劣化を軽減できます。

ボンドリペアではスーツケースをはじめ、ゴルフのキャディバッグやカバン全般、家具やその他の修理、椅子の生地張替えなども承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。