(Samsonite)サムソナイト / キャリーバッグのファスナー際の解れた生地を当て布補強して修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般、家具やその他様々なモノの修理をしておりますBOND repair / ボンドリペアと申します。

今回のお修理は、(samsonite)サムソナイトの布製キャリーバッグをご紹介します。
本体の下側、生地とファスナーを縫製しているところの生地側が解れてしまったというご相談。

1, キャリーバッグの状態と構造の確認

(samsonite)サムソナイト / キャリーバッグのファスナー際の生地がほつれている

状態を確認してみると特に激しく擦れた痕もなく、解れ方を見ると縫製されていたところから生地が解れてきているような状況です。
スーツケースやキャリーバッグは荷物を詰め込むことが多いのでパンパンになったバッグは本体の生地と生地や、生地とファスナーなどの繋ぎ目に負荷が掛かります。
その結果として縫製糸が切れたり今回のように生地が解れたりします。

そういった解れを軽減する為、元から生地の裏面に補強の薄い生地を圧着しているものもあります。

角が擦れてファスナーコイルが解れてしまった修理事例は、
(Manfrotto)マンフロット / カメラ機材キャリーバッグの解れたファスナーをブランドイメージカラーに合わせて取替えカスタム修理

2,今回の修理方法

(samsonite)サムソナイト / 布製キャリーバッグのファスナー際の生地がほつれ

解れの範囲や付近の状態によって、解れている部分を奥に詰めて再縫製をしたり、当て布をして生地補強をした上で再縫製をする場合とございます。
今回は解れの範囲が広く、奥に詰めて再縫製をする方法では2cm程奥に詰める必要があったのでほんの少しではありますがそれだけ容量が減ってしまうことになるので、当て布で生地を補強して再縫製をする方法を採用します。

(samsonite)サムソナイト / キャリーバッグのファスナー際の生地解れ

まずは、解れ付近の縫製を解いていきます。左右対称にするため底の端から端まで当て布補強をします。

(samsonite)サムソナイト / キャリーバッグの生地解れ

ミシンで縫製をする為、障害になりそうな底足やフレームを取り外しておきます。

(samsonite)サムソナイト / 布製キャリーバッグのファスナー際の生地解れ修理

比較的近い質感のナイロン生地があったのでそちらで解れいる部分よりも少し大きめの範囲で当て布をして本体に縫製します。
ファスナーや内巻きを元に戻して再縫製し完成です。

3,今回の修理代金とその他の概算価格

今回のお修理で、8,000円(税抜き)でした。
同じお鞄でも細部の構造や使用する材料により前後いたします。

キャリーバッグ、スーツケースの生地解れ修正の概算価格は下記の通りです。
●生地解れ修正 約4,000~14,000円程度
●部分生地張替 約14,000~20,000円程度

ボンドリペアではスーツケースをはじめ、ゴルフのキャディバッグやカバン全般、家具やその他様々なモノの修理、椅子の生地張替えなどを承っております。
ギターケースやカメラバッグなどの特殊なものもお修理を承っておりますのでお気軽にご相談ください。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。