(Manfrotto)マンフロット / カメラ機材キャリーバッグの解れたファスナーをブランドイメージカラーに合わせて取替えカスタム修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般、家具やその他様々なモノの修理をしておりますBOND repair / ボンドリペアと申します。

今回のお修理は、(manfrotto)マンフロットのカメラ機材キャリーバッグをご紹介します。
ご相談の内容はメインのファスナーが擦れてコイルがほつれてしまったとのこと。

マンフロットといえばイタリア発のカメラ機材メーカーで、三脚を中心にプロ仕様から一般向けの商品をラインナップしているブランドです。
マンフロットのブランドカラーは黒×赤でどの商品を見ても統一感と高級感がありますね。
(Youtuber)ユーチューバーもよく使用しているメーカーではないでしょうか。

1, キャリーバッグの状態と構造の確認

(manfrotto)マンフロット / カメラ機材キャリーバッグのファスナー解れ

今回お預かりしたマンフロットのカメラバッグはキャスター付きのキャリータイプでバッグの中に枠が組まれていてハードとソフトの中間のような作りです。
内部は仕切りを自由に移動できるようになっておりレンズのサイズなどに合わせてカスタマイズできます。

ファスナーは約5cmにわたってファスナーコイルが解れています。解れの状態から部分補修は困難と判断し取替え修理でお見積をさせて頂きました。

2,今回の修理方法

(manfrotto)マンフロット / カメラ機材キャリーバッグの内装

今回はメインファスナーを取替えます。
キャリーバッグのファスナーを取替える為には内側の枠をすべて取り外してバッグを裏返せるようにします。
布製のキャリーバッグは内側に板が入っていて、それで形を保っています。

(ディズニーミッキー柄)キャリーバッグ / 枠板の異臭と割れを取替修理

すべてを外した状態でファスナーを縫製し直します。

(manfrotto)マンフロット / カメラ機材キャリーバッグのファスナー取替修理

元は黒色のファスナーが付いていたのですが、お客様との打ち合わせの際に折角取替えるならということで、マンフロットのブランドカラーを強くするため、ファスナーを赤色にカスタムしました。

マンフロット感が強くなったような気がしますね。

(manfrotto)マンフロット / カメラ機材キャリーバッグのファスナー取替カスタム

ボンドリペアではこのようなカスタムも承っております。

(RIMOWA)リモワ・トパーズ / 粉まみれの内装を張替え

(Samsonite)サムソナイトのスーツケース / ハンガーが掛けれるように内装を加工する方法

3,今回の修理代金とその他の概算価格

今回のお修理で、22,000円(税抜き)でした。
同じお鞄でも細部の構造や使用する材料により前後いたします。

キャリーバッグ、スーツケースのメインファスナー取替の概算価格は下記の通りです。
●ファスナー修正 約4,500~7,000円程度
●ファスナー取替 約16,000~30,000円程度

ボンドリペアではスーツケースをはじめ、ゴルフのキャディバッグやカバン全般、家具やその他様々なモノの修理、椅子の生地張替えなどを承っております。
ギターケースやカメラバッグなどの特殊なものもお修理を承っておりますのでお気軽にご相談ください。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。