(Samsonite)サムソナイトのスーツケース / ハンガーが掛けれるように内装を加工する方法

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグ、家具などの修理店をしておりますボンドリペアと申します。

今回のご依頼は(Somsonite)サムソナイトのスーツケースにハンガーが掛けられるようにしたい、というご相談。

仕事でスーツケースを使用されている方にとってはあると便利な機能ですよね。

1, スーツケースの構造やご使用状況の確認

パッキングの方法は皆さんそれぞれに独自の詰め方があると思います。
ハンガーを掛ける金具を取り付けるにあたりお客様の荷詰めの仕方を確認し、どこにどんな金具を付けると使い勝手がよいか打ち合わせを行います。

(somsonite)サムソナイト/スーツケースにハンガー取付加工

2,ハンガーフックの加工取付方法

取付位置が決まり、金具もちょうどよいものがありましたのでそれを取り付けていきます。
トップハンドルの真ん中あたりに取付位置が来るので一度ハンドルを外して加工しやすいようにします。
今回の取り付けはリベットで固定をしましたがご自身でされる場合はボルトナットでもいいかと思います。

(somsonite)サムソナイト/スーツケースにハンガーフック取付

本体に穴をあけるのですが、この時ドリルを使う場合は内装の巻き込みに要注意です。
すごい勢いで生地を巻き取りビリビリに破れてしまいます。

ドリルを使用する時は内装を少し引っ張りながら少しずつ穴をあけましょう。

半田ごてで穴を開けることもありますが、こちらも要注意です。
ドリルと同じように内装に気を付けないとナイロン生地などは一瞬で溶けてしまいます。
本体も油断していると穴が広がってしまったり変な形に穴が開いてしまうことがあります。

(somsonite)サムソナイト/スーツケースにハンガーを掛けるフック取付

あとはリベットやボルトナットなどで金具を固定して完成です。

(somsonite)サムソナイト/スーツケースにハンガーフックカスタム

3,加工代金

今回の加工内容で、2,500円(税抜き)でした。
同じお鞄でも細部の構造や使用する材料により前後いたします。

画像をお送り頂けましたらもう少し詳細な価格をお答えできますのでメールもしくはライン@からお気軽にお問合わせください。

4,ご自身で加工する方法

ご覧いただいたようにそんなに難しい作業はございません。
穴を開ける道具があればあとはホームセンターの材料で加工できますのでスーツケースの中にハンガーが掛けたい!という方はお試しください。

ご不明点などございましたらお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではスーツケースをはじめ、ゴルフのキャディバッグやカバン全般、家具やその他の修理、椅子の生地張替えなども承っております。

 

←スーツケース用のハンガーもあります。旅先ではハンガーラックなどに掛け、スーツケースに入れるときは頭のフックの部分を回すと少しコンパクトになり、振動で取れないようロック構造になっています。

 

←ガーメントバッグに入れてスーツケースに収納するとシャツやネクタイも一緒に取り出せ、ホテルでの荷物の整理に時間を取られることなく便利です。

 

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。