(siffler)シフレ / キャリーケースの破れたハンドルレザーを新しく張替えて修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますBOND repair / ボンドリペアと申します。

今回は、(siffler)シフレのキャリーケース修理をご紹介します。破損状態は、サイドハンドルのレザーが破れて芯が露出しています 。

1,ハンドルの状態と構造を確認してお見積

お修理の可否とお見積を判断するため、状態と構造を確認していきます。

ハンドルの状態は表面のレザーが摩擦で破れてはいるものの内部の芯や金具はしっかりします。
構造も見たところハンドルを外せば表面のレザーだけを張替えることが可能そうです。

お見積をする際はその部分の修理をするのに必要な解体の工程と解体した際の他の部分の破損の可能性を考慮して作成します。
どうしても解体してみないと重要な部分の状態が確認できない場合は、その旨もお見積時にリスクをご説明した上でお修理にかからせて頂きます。

2,今回のお修理方法

今回は、表面のレザーが破れているだけで中の芯や金具は無事でしたのでレザーの張替えでお修理をします。

(siffler)シフレ / キャリーケースのハンドル革破れ

まずは本体からハンドルを取り外します。
根革も破れ等無かったので再利用いたします。

根革とセットで作製した修理事例は、
旅行用トランク/切れて破損したハンドルを作製して取替修理

(siffler)シフレ / キャリーケースのハンドルレザーを張替える

裏面は接着されているだけでしたので順番に剥がしていきます。
元の生地は破棄しますが新しいレザーの型を取るため出来る限り元の状態で解体していきます。

(siffler)シフレ / キャリーケースのハンドルレザーを交換

芯は再利用するので丁寧に取り外します。
後で組み立てる手順も覚えておきます。

今回は手順が少ないので特に問題はありませんがパーツが多くなると組立の手順やパーツの向きを忘れてしまうのでマークしたり各工程を撮影しておきます。

(siffler)シフレ / キャリーケースの破れたハンドルレザーを新しく作製

すべてのパーツを解体し、新しいレザーも切り出した状態です。あとは元のように組み立てていきます。
使用するレザーは元のものに可能な限り近いものをお探ししますが、完全に同じものではないのでキャリーケースの同じレザーが使われている他の部分とは若干差が出てしまいます。

(siffler)シフレ / キャリーケースの破れたハンドル表面を新しいレザーに交換

山型に盛り上がっているところを縫製して解体した手順通りに組み立てていきます。

(siffler)シフレ / キャリーケースの破れたハンドルレザーを張替え修理

キャリーケース本体にハンドルを取り付けて完成です。
比較的近いレザーが見つかったので遠目に見るとそこまで違和感なく仕上がりました。

3,今回のお修理代金

今回の修理内容で、10,000円(税抜き)でした。
※ 同じお鞄でも細部の構造や使用する材料により前後いたします。

ボンドリペアではスーツケースをはじめ、ゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。
お気軽にご相談ください。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。